BioVerde

細胞・組織保存液の販売・研究開発
株式会社バイオベルデ

製品に関するご相談・お問合せ

お問い合わせ
常識にとらわれない新しい発想で、人々の豊かな暮らしに貢献する
常識にとらわれない新しい発想で、人々の豊かな暮らしに貢献する

細胞用凍結保存液

クライオスカーレス DMSO フリー

 クライオスカーレス DMSO フリーはタンパク質やDMSOを含まない、各種細胞用の新しい凍結保存液です。 解凍後も様々な培養細胞で高い生存率を示し、幹細胞の多分化能(未分化状態)も維持されます。

 

■ 特徴

  •  血清およびタンパク質成分は含まれていません。
  • DMSOによる毒性やタンパク質の影響が無いため、安全かつ高い生存率での細胞の凍結保存が可能です。
  • 融解後でも約90%の生存率を示します。
  • 幹細胞も分化能を維持したまま凍結保存できます。
  • 無菌試験により細菌、真菌、マイコプラズマの混入がないことを確認しています。
  • 本製品は4℃で長期間安定に保存できます(有効期限2年)。

  ※本製品は研究用です。臨床用途には使用できません。

実験例

ラット間葉系幹細胞の分化能

本製品で凍結保存したラット間葉系幹細胞の解凍後の分化能を調べ、非凍結群と10%DMSOの場合と比較した。本製品で凍結した細胞は、いずれの分化能も良く維持されていることがわかる。

ラット間葉系幹細胞の生存率

本製品で凍結したラット間葉系幹細胞の解凍後の生存率と、6時間後の生存率を測定し、10%DMSOの場合と比較した。解凍直後(0 h)、接着後(6 h)の生存率も共に本製品で凍結した場合の方が高い生存率を示した。

使用実績のある細胞と凍結保存効果

操作方法概略

  1. 培養細胞をチューブに入れ、遠心分離し、上清を除去する。
  2. 本製品を加えて 5×10~5×10 cells/ml になるように細胞を懸濁し、1mlずつ保存用チューブに分注する。
  3. -80℃のディープフリーザーに入れて凍結させる。
    • 長期保存の場合には液体窒素中で保存する。
  4. 3.の状態で保存された細胞を、37℃の恒温槽中で振とうしながら速やかに解凍し、適切な培地(10ml程度)で遠心洗浄する。

弊社の細胞用凍結保存液 クライオスカーレス DMSO フリーはフナコシ株式会社より販売しております。

製品に関するご相談・お問合せ

お問い合わせ

お知らせ

News

  • 2006年10月

    皮膚組織用冷蔵保存液セリオキープの販売開始

  • 2009年4月

    細胞用凍結保存液クライオスカーレス
    DMSOフリーの販売開始

  • 2010年7月

    霊長類 ES / iPS 細胞用ガラス化
    凍結保存液ステムセルキープの販売開始

  • 2012年4月

    組換え体ヒト血清リコンビナント
    IBUKI(Human Serum Albumin Recombinant)の販売開始

  • 2013年2月

    ヒト組換え体タンパク質
    IBUKI(Human Basic Fibroblast Growth Factor Recombinant)の販売開始

  • 20175

    新しく論文を掲載しました。

製品情報

製品に関するご相談・お問合せ

お問い合わせ