BioVerde

細胞・組織保存液の販売・研究開発
株式会社バイオベルデ

製品に関するご相談・お問合せ

お問い合わせ
常識にとらわれない新しい発想で、人々の豊かな暮らしに貢献する
常識にとらわれない新しい発想で、人々の豊かな暮らしに貢献する

皮膚組織用冷蔵保存液

セリオキープ

セリオキープはDMSOや血清タンパク質を含まない、上皮・内皮組織に最適な冷蔵保存液です。

 

■ 特徴

  • 物理的に脆弱な上皮・内皮組織の膜形態を維持し、増殖機能を保持したまま1~2週間冷蔵(4~10℃)保存できます。
  • 保存した組織は洗浄後、適切な培地を用いた各種実験に使用可能です。
  • 血清およびタンパク質成分は含まれておりません。
  • 無菌試験により細菌、真菌、マイコプラズマの混入がないことを確認しています。
  • 本製品は未開封(調製前)の状態では4℃で約1年間保存できます。

  ※本製品は研究用です。臨床用途には使用できません。

実験例

角膜内皮組織の形態および増殖速度の比較

角膜内皮組織を、本製品(左)または培地(右)中で2週間保存した後の形態を比較した(上図)。本製品を用いて保存した組織は形態が維持されており、また約2倍の速度で増殖していることがわかる(下図)。

操作方法概略

  1. 保存剤(EGCG)の入った付属のマイクロチューブに、本製品約 0.5 ml を無菌的に入れて溶解し、全量をセリオキープのボトルに戻して攪拌する。
  2. 保存剤が完全に溶解したことを確認した後、溶液を遠沈管などに数 ml 入れ、4~10℃に冷却する。
    • 調製した溶液は、できるだけ速やかにご使用下さい。小分けした場合は、-20℃で1~2週間保存できます。
  3. 実験動物より摘出した上皮・内皮組織を2.の溶液に浸漬し、ふたをして4℃で保存する。
  4. 3.の状態で保存された組織を冷 PBS 内で軽く洗浄後、試験用培地に移し、組織が生きている状態で実験に用いる。
    • 培養する場合は、早期に通常の生理活性温度(37℃など)に戻す。
    • スライドなどの組織標本を作製する場合は、速やかに固定を行う。
    • 組織内物質などを抽出する場合は、あらかじめ冷 PBS 中でよく洗浄する。

弊社の組織用冷蔵保存液 セリオキープはフナコシ株式会社より販売しております。

製品に関するご相談・お問合せ

お問い合わせ

お知らせ

News

  • 2006年10月

    皮膚組織用冷蔵保存液セリオキープの販売開始

  • 2009年4月

    細胞用凍結保存液クライオスカーレス
    DMSOフリーの販売開始

  • 2010年7月

    霊長類 ES / iPS 細胞用ガラス化
    凍結保存液ステムセルキープの販売開始

  • 2012年4月

    組換え体ヒト血清リコンビナント
    IBUKI(Human Serum Albumin Recombinant)の販売開始

  • 2013年2月

    ヒト組換え体タンパク質
    IBUKI(Human Basic Fibroblast Growth Factor Recombinant)の販売開始

  • 20175

    新しく論文を掲載しました。

製品情報

製品に関するご相談・お問合せ

お問い合わせ