BioVerde

細胞・組織保存液の販売・研究開発
株式会社バイオベルデ

製品に関するご相談・お問合せ

お問い合わせ
常識にとらわれない新しい発想で、人々の豊かな暮らしに貢献する
常識にとらわれない新しい発想で、人々の豊かな暮らしに貢献する

不凍ポリアミノ酸技術

 

 

 

 

 

 

 

 

 当社の基盤技術の一つであるカルボキシル化ポリリジン『不凍ポリアミノ酸』は、 2009年に京都大学再生医科学研究所の玄丞烋博士らにより、DMSOに代わる安全かつ生存効率の高い高分子系凍結保護材として、世界で初めて創製されました。

 

 ε-ポリ-L-リジンを無水コハク酸で処理し、カルボキシル基を導入した『不凍ポリアミノ酸(両性電解質高分子化合物)』は、その水溶液中に細胞を懸濁して凍結することにより、凍結時のダメージから細胞を保護する作用があります。

 

 この細胞凍結保護作用はカルボキシル基の導入量、pH、浸透圧などによって制御することが可能であり、既存の凍結保護材であるジメチルスルホキシ(DMSO)やグリセリンとほぼ同等の機能があります。また、DMSOとは異なり細胞の分化への影響が軽少であることが確認できています。

 

 化学合成品の持つ安全性と、iPS細胞や分化誘導した細胞、組織を効率的に保存できる特長を併せ持つ『不凍ポリアミノ酸』は、これからの再生医療分野での臨床応用に貢献する、多くの可能性を持った画期的な材料です。

 

 当社では、『不凍ポリアミノ酸』を添加した製品(研究用試薬)として、『StemCell Keep(霊長類ES/iPS細胞用凍結保存液)』および『CryoScarless DMSO free(DMSOフリー細胞用凍結保存液)』の販売を行っております。

 

 

 当社の基盤技術の一つであるカルボキシル化ポリリジン『不凍ポリアミノ酸』は、 2009年に京都大学再生医科学研究所の玄丞烋博士らにより、DMSOに代わる安全かつ生存効率の高い高分子系凍結保護材として、世界で初めて創製されました。

 

ε-ポリ-L-リジンを無水コハク酸で処理し、カルボキシル基を導入した『不凍ポリアミノ酸(両性電解質高分子化合物)』は、その水溶液中に細胞を懸濁して凍結することにより、凍結時のダメージから細胞を保護する作用があります。

 

 この細胞凍結保護作用はカルボキシル基の導入量、pH、浸透圧などによって制御することが可能であり、既存の凍結保護材であるジメチルスルホキシ(DMSO)やグリセリンとほぼ同等の機能があります。また、DMSOとは異なり細胞の分化への影響が軽少であることが確認できています。

 

 化学合成品の持つ安全性と、iPS細胞や分化誘導した細胞、組織を効率的に保存できる特長を併せ持つ『不凍ポリアミノ酸』は、これからの再生医療分野での臨床応用に貢献する、多くの可能性を持った画期的な材料です。

 

 当社では、『不凍ポリアミノ酸』を添加した製品(研究用試薬)として、『StemCell Keep(霊長類ES/iPS細胞用凍結保存液)』および『CryoScarless DMSO free(DMSOフリー細胞用凍結保存液)』の販売を行っております。

 

製品に関するご相談・お問合せ

お問い合わせ

お知らせ

News

  • 2006年10月

    皮膚組織用冷蔵保存液セリオキープの販売開始

  • 2009年4月

    細胞用凍結保存液クライオスカーレス
    DMSOフリーの販売開始

  • 2010年7月

    霊長類 ES / iPS 細胞用ガラス化
    凍結保存液ステムセルキープの販売開始

  • 2012年4月

    組換え体ヒト血清リコンビナント
    IBUKI(Human Serum Albumin Recombinant)の販売開始

  • 2013年2月

    ヒト組換え体タンパク質
    IBUKI(Human Basic Fibroblast Growth Factor Recombinant)の販売開始

  • 20175

    新しく論文を掲載しました。

製品情報

製品に関するご相談・お問合せ

お問い合わせ